王者の“特権”V旅行 温暖な島で過ごす喜びの本当の意味

 同じような言葉を3人から聞いた。12月10日から5泊7日でソフトバンクのハワイ優勝旅行を取材した。総勢約240人の参加者には選手、コーチを始め、打撃投手、ブルペン捕手、スコアラー、マネジャー、広報らスタッフとその家族も同行していた。 ダイヤモンドヘッドをバックにピースサインをする内川  プロでの年数を重ねれば重ねるほど、人への感謝の気持ちは強くなるのだろう。ベテラン・内川、松田宣、そして工藤監督 […]

阪神・藤浪 西を安心サポー投 移籍も“後押し”していた

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)がオリックスからFA加入した西勇輝投手(28)の“アテンド役”を買って出ていたことが16日、分かった。侍ジャパンで親交を深めた縁で「西さんが鳴尾浜で練習する時は僕も行きますよ。一緒に練習しましょう」と話しているという。 藤浪(右)と西(17年3月撮影)  やりとりを明かしたのは、谷本球団本部長だ。「交渉している時に、西選手からこの話を聞きまして。藤浪選手も大人になった […]

内田雅也が行く 猛虎の地<14>ホテル竹園芦屋(旧竹園旅館)

 ◇矢野の運命を変えた会議室 現在のホテル竹園芦屋  JR芦屋駅前のホテル竹園芦屋は、この秋、阪神監督に就いた矢野燿大(50)の運命を変えた場所である。  1997年のシーズン中、阪神球団常務だった野崎勝義は中日監督・星野仙一と会うため、5階の会議室に出向いた。中日が阪神戦(甲子園)での定宿にしていた。  内情を記した野崎の著書『ダメ虎を変えた!』(朝日新聞出版)によると時期は<初秋>。日程を見返 […]

雄星 メジャー全30球団OK!面談へ渡米 本格交渉「楽しみ」4連発

 西武からポスティングシステムで大リーグに挑戦する菊池雄星投手(27)が16日、獲得希望球団との面談のため、成田空港から米ロサンゼルスへ出発した。現地ではスコット・ボラス代理人(66)が所有するトレーニング施設や事務所の近くに宿泊予定で、自主トレを進めながらいつでも交渉に出向く態勢は万全。全30球団OKの姿勢も改めて示し、いよいよ本格交渉に臨む。 米国へ出発する菊池(撮影・篠原岳夫)  成田空港の […]

法大 4番候補は横浜高出身2年生 リーグ戦未出場もブレークの予感

 東京六大学野球秋季リーグ戦を制した法大が16日、神奈川県川崎市の同大で年内最後の練習を行った。ヤクルトにドラフト2位で入団した中山の後継となる4番候補に、青木久典監督は2年生の村田を挙げ「調子いいので楽しみ」と期待を寄せた。 主将として連覇宣言した福田(右)と4番候補の村田  横浜高でも4番を務めた左の強打者で高校通算12発。大学では1年春の東大戦でベンチ入りし、リーグ戦未出場ながらパワフルな打 […]

オリドラ1太田 特技はけん玉 打撃の感覚磨いた大谷に興味津々

 オリックスの新人8選手が大阪市舞洲地区の球団施設を見学に訪れた。室内練習場や球場を見回ったドラフト1位の太田(天理)は「とてもきれいでした。寮からグラウンドまで整っていて、素晴らしい練習環境」と感嘆した。 オリックスドラフト1位の太田  特技がけん玉だと告白した18歳は、大谷もかつて打撃の感覚をつかむために「けん玉」を用いていたエピソードを耳にし、「1回調べてみます」と興味津々。入寮時に持って来 […]

西武・源田 2番映えする出塁率アップ「3割5分くらいいけたら」

 西武・源田が3年目の来季の目標に出塁率アップを掲げた。 ワイキキビーチでSNS用に懸命に写真を撮る西武・源田  「出塁率をもう少し上げたい。まだ低いので。3割5分くらいいけたらいい」。新人年の開幕からの連続フルイニング出場はプロ野球記録となり、286試合で更新中だ。出塁率も昨季の.317から.333と上昇したが、納得はしていない。中軸へのつなぎ役として出塁が増えれば、得点増にも直結する。さらに1 […]

日本ハム斎藤佑 来季こそ 肘高くフォーム修正、チェンジアップに球速アップも

 日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が16日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを実施。約50メートルの遠投やランニングなどで汗を流し「フォームをチェックしながら、普段通りの練習をしました」と笑顔で話した。 千葉・鎌ケ谷で自主トレを行う斎藤  今季は2年ぶりに未勝利。今季初登板だった4月7日のロッテ戦で3回途中までに8四死球の乱調で降板するなどスタートでつまずいた。夏場には腰痛も発症。終盤に中継ぎ要員で […]

巨人・内海 腹八分目トレ「100%やれば充実感もあるけど…」

 巨人・内海が「腹八分目トレ」を行っている。オフは毎日体を動かすが練習量については「減っていると思う。体に負担もあるので抑えるところは抑えて」と話した。 巨人の内海  一昨年から量を落とし、走り込みの量はピーク時の3分の1ほどに減らした。「腹七分目、八分目のトレーニングを続ける感じ。100%やれば充実感もあるけどそれをする歳じゃない」。36歳は冷静に自らのやるべきことを見定める。 Source: […]

阪神・糸原 島根愛 もっと活躍して阪神公式戦を地元で

 阪神の糸原健斗内野手(26)が地元島根県・雲南市の大東公園体育館で行われた「夢発見野球教室」に参加。210人の子どもたちと触れ合い、「島根県を元気にしていきたい」と自身の活躍で、1952年以降遠ざかっている阪神の公式戦開催に夢をはせた。 地元島根の野球少年たちに打撃のアドバイスをする糸原  今オフ初めての島根凱旋(がいせん)。糸原が地元のPRは「俺がやる」と言わんばかりに意気込んだ。  「一番応 […]

ヤクルト山田哲「究極の目標」成功率10割で自身初40盗塁

 今季3度目のトリプルスリーを達成したヤクルトの山田哲が福島県楢葉町で県内の少年少女約200人を対象に野球教室を開催し、自身初の40盗塁到達、成功率10割を来季の目標に掲げた。 野球教室に参加するヤクルトの山田哲  「数はいきたいけど意味、価値のある盗塁をしたい。(10割は)いけると思っていっているわけですから、究極の目標です」。今季は33盗塁、成功率・892で3度目の盗塁王を獲得。ただ、パ・リー […]

日本ハム マルティネス残留へ合意間近 自由契約になってからも粘り強く交渉

 日本ハムのニック・マルティネス投手(28)が来季残留で合意間近であることが16日、分かった。近日中に発表される。 日本ハムを自由契約となったマルティネス  今季はメジャー通算17勝の実力を発揮し、11勝の上沢と2本柱を形成して10勝。球団は今月2日に自由契約となってからも、粘り強く交渉を行った。恩義を感じた右腕はメッツからマイナー契約のオファーもある中で残留を決断することが確実。今オフは補強にも […]

1 282

Overall Ranking

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */